3D視覚化SDK

Iray+ソフトウェア開発キット

CADおよび3D設計アプリケーションに統合するためのレンダリング・ツールキットであるIray+を使用して、ソフトウェア・アプリケーションで驚異的なフォトリアリスティック・シーンを作成します。

インスリン・ポンプのさまざまなコンポーネントを忠実に表示するコンピューター生成画像

Iray+が選ばれる理由

顧客がボタンをクリックするだけで、驚異的でフォトリアリスティックなシーンを生成できます。

Iray+は、より強力なレンダリング性能を備えた新改良のアプリケーションを迅速に提供できる、高性能3D視覚化SDK (ソフトウェア開発キット) です。

主要な視覚化の専門家によって開発されたIray+は、多くの業界の3Dモデリング・アプリケーションに統合されています。シームレスな視覚化ワークフローを提供するため、エンドユーザーはレンダリングの専門知識を習得する必要がありません。

フォトリアリスティックな画像や動画で、物理ベースの照明や材料など、最高の設計を紹介することができます。Iray+は、NVIDIAオリジナルのIrayテクノロジーに基づいて構築された、成熟したソリューションです。優れた結果を達成するために必要なすべての機能を提供します。

内容

物理ベースの照明

光線と材料間の物理的なインタラクションを再現する、フォトリアリスティックなシーンを生成します。Iray+では、ユーザーがさまざまな照明と材料のオプションをカスタマイズして、必要な結果を達成できます。画像は徐々に洗練され、パス・トレーシング計算により、コースティックス効果を含むリアルな照明が得られます。これは信頼性が高いため、正確な太陽光/照明調査が実現します。

物理ベースの材料

現実世界のさまざまな状況で使用する、物理ベースの材料の幅広いカタログにアクセスできます。物理ベースの照明と材料を組み合わせて、現実世界を模倣した結果を提供します。

Irayのマテリアル定義言語 (MDL) は、サーフェス色、反射と屈折、光の放射、体積散乱、変位、バンプマップなど、すべてのコンポーネントの材料プロパティとパラメーターを定義し、これらをすべて簡単に交換できます。

コースティックス

コースティックスでフォトリアリスティックなシーンを強化します。コースティックスとは、プールの底の光の歪みから、ワイングラスのような透明な物体から屈折する光のパターンまで、日常生活で見られるものです。コースティックスはキャプチャが困難な間接光源ですが、Irayの専用コースティックス・サンプラーは、それらを迅速かつ効率的にキャプチャして視覚化を強化します。

被写界深度

被写界深度で画像のリアルな外観を強化します。Iray+カメラは、現実世界のカメラの特性の多くを模倣します。被写界深度は、特定のシーンでのオブジェクトの表示方法を変更するために使用する効果です。適切な絞り値と焦点距離を設定することで、自然な被写界深度効果を実現できます。絞り値を大きくしてより訴求力のあるレンダリングを作成し、視聴者の注意を目的の場所に集中させながら、シーンの残りの部分から焦点を外してリアルな奥行きを表現できます。

モーション・ブラー

画像内のオブジェクトの動きをリアルにキャプチャし、シャッター・スピードの遅いカメラを使用した場合の効果を再現します。これは、動的なシーンをレンダリングするときに動きとエネルギーの感覚を伝えるために使用します。比較的静的なシーンでは、レンダリングされた画像のリアリズムを高めることができるため、きめ細かな効果によるメリットが得られます。

インスタンシング

メモリとレンダリング・リソースへの影響を最小限に抑えながら、多数の複製されたオブジェクトをレンダリングします。複製されたジオメトリ・メッシュのグループは、比較的少ない数のAPI呼び出しで、容易にプログラムで構築できます。この手法は、主に木、草、建物、家具などのオブジェクトに使用します。また、Irayでは、インスタンス間で材料を変化させて、繰り返しの出現を最小限に抑えることもできます。

AIノイズ除去

GPUで高速化された人工知能を活用して、視覚的にノイズのない忠実度の高い画像をレンダリングする時間を大幅に短縮します。迅速な性能により、クリエイティブな決定を繰り返し、望ましい結果をより迅速に達成できます。

ライト・パス・エクスプレッション (LPE)

特定のオブジェクトを反射する光線や、特定の光源から発生する光線のみをキャプチャするなど、特定の照明のインタラクションをキャプチャできます。これらはポスト処理で合成できるため、クリエイティブな制御で照明やオブジェクトの色や照明の相対的な明るさを変更したり、完全にオフにしたりすることができます。完全な標準レンダリングと並行して、最小限のオーバーヘッドで複数のLPEキャンバスをレンダリングできます。

表面下散乱

100%不透明ではないオブジェクトやサーフェスを透過する光の効果をシミュレーションします。金属サーフェスや乱反射するサーフェスのように完全に反射するのではなく、光の一部が材料に吸収され、内部で散乱されてから、材料を出る際にさまざまな方向に進みます。皮膚やワックス (ろう) など、現実世界の状況下にある多くの材料では、表面下散乱が発生しています。

ボリュメトリック

薄い霧 (きり) や霞 (かすみ) から濁った海水まで、さまざまなタイプの透明および半透明の材料内の光の挙動をシミュレーションします。吸収と散乱を互いに独立して制御でき、通過する光の色にも効果を与えることができます。これらのボリュメトリック・マテリアルは、色付きの煙、霧や水を通った太陽光線、さらには半透明のプラスチックなどの効果を作成するために使用します。

ユーザー事例

カタログ

CAD software developer and distributor uses Iray+ to provide realistic light and shadow distribution
Case Study

CAD software developer and distributor uses Iray+ to provide realistic light and shadow distribution

会社:Cadalog

開催場所:Bellingham, Washington, United States

詳細情報

PLM Componentsの最新情報をお見逃しなく

ブログを読む

PLM ComponentsやPLM市場全般についての新たな見解が得られます。