Polarionアプリケーション・ライフサイクル管理 (ALM)

要件からコーディング、テスト、リリースまでを一元管理することで、複数のチームやプロジェクトをつなぎ、アプリケーション開発プロセスを向上させます。

机で打ち合わせをする2人の作業者。

Polarion ALMでイノベーションを加速

アプリケーション・ライフサイクルのエンドツーエンドのトレーサビリティと可視性を維持しながら、より速く、より頻繁にリリースします。

小規模チームまたは何千人ものユーザーにサービスを提供する100%ブラウザベースの統合ソリューションで、複雑なソフトウェア・システムを定義、構築、テスト、管理します。

Polarionは、コラボレーションに参加する各メンバーが適切なレベルで、一元化された情報にリアルタイムでアクセスできるため、私たちの成功の基盤となりました。
Stephanie Schwendinger氏, システム開発, Zumtobel Group

Polarion ALMのメリットを見る

コラボレーションの強化

チームが共有アセットで簡単かつ安全にコラボレーションできるようにします。きめ細かな権限制御と堅牢で構成可能なワークフローの自動化によって、誰が何を見ることができ、誰が何をいつ変更できるかを制御します。

トレーサビリティの向上

開発プロセスの各ステップに関する完全な情報にアクセスできます。コード行の修正から高レベルの変更要求まで、すべてのステップがクリック1つで完了します。

データを効果的に再利用

データを再利用または分岐して、プロジェクトや製品ラインの開発を順番にまたは並行して効果的に進め、プロジェクト間で要件、コード、テストを共有できます。

Polarion ALMの機能の詳細

リアルタイムに集計された管理情報を通じて、プロジェクトの透明性を実現する統合ソリューションをご体験ください。Polarion ALMには、チームがより迅速に、より高い品質で新しいビジネス・チャンスや顧客の要求に対応できるように、次の機能が含まれています。

コア機能

コラボレーション、トレーサビリティ、ワークフローは、シーメンスのDNAに組み込まれた3つの基本原則です。Polarion ALMは、以下を可能にします。

  • 同期を促進し、すべてのPolarionデータへの100%ブラウザベースのアクセスを取得します
  • スレッド化されたディスカッション、Wiki、通知、アラートなどを通じて、アナリスト、エンジニア、QAメンバー、DevOpsチーム間のリアルタイムのコミュニケーションを実現します
  • すべての要件の変更管理を自動化し、トレーサビリティを簡単に実装して保証することで、あらゆる監査、コンプライアンス、規制の検査に合格することができます
  • 定義可能なルールに基づいて、状態から状態への移動方法とタイミングを強制するワークフローを介して、完全な監査証跡、電子署名、セキュリティを使用し、ワークアイテムとドキュメントを管理します
  • まるでタイムマシンにアクセスしたように、現在の状態と同様に、プロジェクトの過去の状態を閲覧、検索、報告することができます
  • ロード・バランシングとフェイルオーバー戦略のためにネイティブ・クラスタリングを使用します
  • すぐに使える統合とOpen APIを活用して機能を拡張します
Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

変更管理と構成管理

Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

変更について「誰が、何を、いつ、なぜ行うのか」を把握します。Polarion ALMで、次の変更および構成管理機能が得られます。

  • システム要件の仕様、検証手順、プロジェクト計画、タスクなど、あらゆる成果物を表示します。すべてがバージョン管理リポジトリに保存され、変更のたびにバージョン履歴レコードが作成されます
  • プロジェクトとグローバル構成のバージョン管理にアクセスして、プロセス構成と改善の完全な監査可能性と可視性を実現します
  • すべてのプロジェクトで発生する避けられない変更要求の収集、審査、実装プロセスの秩序と説明責任を確保します
  • 変更要求までのすべてのソースコード変更の完全なトレーサビリティにより、最終的に納品されたソフトウェアに、リリースに含まれる予定の機能強化がすべて含まれていることを確認します
  • SVNとGITは標準でサポートされています。その他のソフトウェア (例えば、Perforce、Plastic SCM) はアドオンでサポートされます

テスト管理と品質管理

中央プラットフォームからすべてのテスト作業を管理します。Polarion ALMを使用すると、次のことができます。

  • テストケースを作成して、対応するワークアイテム (要件、変更要求、その他のテストケースなど) に簡単にリンクします
  • テストステップをパラメーター化してテスト仕様とテスト項目の構成を分離し、同じ手順を複数回実行して複雑なテスト条件を完全にカバーできるようにします
  • テストの失敗に基づいて開発者向けのバグレポートとタスクを自動的に作成し、修正時間を短縮します
  • 自動テストケースを、「第一級オブジェクト」として活用します。Open APIを介してサードパーティのテスト自動化ツールと統合し、ビルドによって自動実行を作成して、xUnitファイル形式であらゆるテスト結果をインポートできます
  • オンライン・テスト実行パネルでテストケースを実行するか、MS Excelにエクスポートしてテスト結果をインポートしてオフラインでテストケースを実行します
  • 要件からテストケースだけでなく、個々のテスト記録までのトレーサビリティを構築します
  • 電子署名により、検証と確認のタスクを正確に、一貫して自動化します
  • HP QC Connectorにアクセスし、HP Quality Centerとシームレスに統合してテスト管理を行います
Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

再利用とブランチ管理

Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

データを再利用または分岐して、プロジェクトや製品ラインの開発を順番にまたは並行して効果的に進めます。Polarion ALMを使用すると、次のことができます。

  • ドキュメントの個々のコピーを管理するための時間を短縮します。共通仕様を変更するたびにコピーアンドペーストする必要がありません
  • 規制要件をプロジェクト全体でPolarion派生ドキュメントとして共有し、更新をオンデマンドで簡単に配布できます
  • 製品間の共通点を効果的に管理し、製品固有の要件を追跡できるように仕様書を分岐します
  • マスター仕様書から分岐したドキュメントへ、コピーアンドペーストなしで即座に変更を配布する、または、オンデマンドでさらにきめ細かく手動で変更要求を配布します

アジャイル/ハイブリッド・プロジェクト管理

ニーズに合わせて調整可能なすぐに使えるプロジェクト・テンプレートにより、一度にまたは段階的に、最新のアジャイル手法を導入することができます。次のようなアジャイル機能を利用できます。

  • 経験的データに基づいて予測を設定するために、チームの速度管理による反復的なプランニングを行います
  • 好みの見積もり手法をサポート: 時間、ストーリー・ポイント、資金、計算された速度に基づいてプロジェクトの完了を予測します
  • 完了したワークフローの条件を定義します (例えば、ドキュメンテーションのタスクが実行された場合、あるいはパフォーマンス・テスト評価が添付されている場合にのみ、ストーリーを完了としてマークします)
  • アジャイルなユーザー・ストーリーを、コンポーネントや設計の要求仕様のような補助書類とリンクさせて、機能と品質の一貫性を確立します
  • 品質管理エンジニアまたは製品所有者によって承認されたユーザー・ストーリーに電子署名します
  • 報告された問題からユーザー・ストーリーまでの、自動化されたトレーサビリティを備えた継続的統合・検証プロセスを設定します
  • ベースラインとバージョン管理を有効にします。アジャイルとは機敏な変化を意味し、Polarionを使用することで、誰が何を、いつ、なぜ変更したかを素早く確認できます。
  • スピードとコンプライアンスを両立します。Polarionは、理想的な企業向けアジャイル・ソリューションであることが実証されています
Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

コネクターと拡張性

Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

一般的なツールを使用して、購入後すぐに統合が可能です。無料のOpen APIで、次のような専用アプリや拡張機能を構築できます。

  • Matlab Simulink用Polarionコネクター: SimulinkモデルとStateflowチャートを、Polarionワークアイテムでリンクします
  • Azure DevOps用Polarionコネクター: 製品管理チームとプロジェクト管理チームを、Azure DevOpsを使用する開発担当者のループに統合します
  • HP QC用Polarionコネクター: テスト管理に使用されるHP Quality Centerとのシームレスな統合
  • Jira用Polarionコネクター: 課題追跡に使用されるAtlassianのJiraとのシームレスな統合
  • カスタム・コネクター: シーメンスのプロフェッショナル・サービスまたはお客様のチームがオープン・スタンダードに基づいて、他の補完的なサードパーティ・ソリューションとのカスタム統合を構築します
  • Java Open APIおよびWeb Services API: Polarion APIを活用し、独自の拡張機能や統合機能を構築します
  • 拡張機能プラットフォーム: 10,000人のメンバー、150の拡張機能を含むコミュニティ全体のスキルを活用します

監査、メトリクス、レポート

詳細な解析とリアルタイムのステータス・レポートにより、意思決定とプロジェクト実行を改善します。Polarion ALMを使用すると、次のことができます。

  • モバイル・デバイスを含め、あらゆるレポートをオンラインでリアルタイムに表示したり、オフラインでアクセスするためにPDFにエクスポートしたりできます
  • オンラインのWYSIWYGレポート・デザイナーで独自のレポートを簡単に作成できます
  • 独自のタイムマシン機能により、過去のどの時点のレポートでも開くことができます。
  • 複数のプロジェクトにわたってレポートを実行して、異なるチーム間の作業を調整し、BIRT (ビジネス・インテリジェンスおよびレポート作成ツール) を使用して複数のデータソースにまたがるレポートを作成します
  • イベントの監視と変更通知を自動化し、My Polarionダッシュボードを介して重要な情報を共同作業者にプッシュします
  • プロジェクトのパフォーマンスをリアルタイムで評価して、常に最新の状態に保ち、ニーズに合わせて完全に構成可能です
  • ステータスのソースコード解析により、コードがセキュリティ、信頼性、保守性に関する指標を満たしていることを確認します
  • Open APIへのフルアクセスによるインプレースのスクリプト作成や、独自のカスタム・ウィジェットの導入により、レポート機能を拡張できます
Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

要件管理

Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

プロジェクトのライフサイクル全体にわたって、要件を効果的に収集、作成、承認、管理します。

  • Polarion LiveDocsは独自のイノベーションであり、すべてのパラグラフを一意に識別して追跡しながら、仕様書に対して同時かつ安全に共同作業することができます
  • すべての要件仕様書は、レビュー、承認、または開発のために、他のすべてのALM関係者に即座に公開されます
  • ルールベースのインポート・ウィザードを使用して、既存のアセットを簡単にインポートできます。Microsoft WordやExcelに含まれる要件やテストケースなどの成果物を認識し、最新のブラウザベースのプラットフォームに素早くインポートします
  • オフライン・コラボレーション用にエクスポートし、Polarionの外部で行われた変更をシームレスにインポートして取り込むことができます
  • ReqIFに対応しており、顧客やサプライヤーとの間で、要件やテストケースの仕様をロスレスで交換できます
  • 本番環境にリリースする前に、関係者に対して仕様書のレビューや承認を依頼し、電子署名を要求できます
  • テストと要件の統合ソリューションによって、要件と並行してテストケースを構築できます

問題およびリスクの管理

発生する恐れのある不具合と報告された不具合をすべて追跡します。不具合を軽減するために、タスクを計画して割り当てます。次の機能を入手できます。

  • テストを実行するのが手動か自動か、Polarionかサードパーティ・ツールかにかかわらず、テストの失敗時にすべての作業の問題をすぐに自動的に追跡します
  • 問題の分類 (カテゴリ、重大度、コンポーネントなど) に基づいて問題を自動的に割り当てます
  • 要件にリンクしている問題と変更要求の数を測定することにより、要件の品質を解析します (Polarionで手動でインポートまたは追跡します)
  • 起こりうるすべての障害、リスク、危害、危険を特定し、潜在的なリスクを軽減するためのタスクを計画して割り当てます
  • 内蔵されたプロジェクト・テンプレート (完全にカスタマイズ可能) にアクセスして、潜在的なリスクを管理し、標準の故障モード影響解析 (FMEA) アプローチに従って、新しいプロジェクトのリスク評価を作成する時間を節約します
  • 現場にリリースされる前に、「重要なバグがテストされない」リスクを軽減します
Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

計画およびリソース管理

Polarionソフトウェアのスクリーンショット。

ライブ・プランニングときめ細かな時間追跡機能を使って、稼働率とリリースの予測可能性を高めます。

  • あらゆる手法 (ウォーターフォール、アジャイル、ハイブリッド) に従って、リリース、マイルストーン、繰り返しを計画し、計画を組織全体に対して透明化し、常に最新の状態に保ちます
  • 変更された要件とテスト仕様の実際の影響解析ツリービューを確認することで、変更要求がリリースのタイムラインとリソース割り当てに与える潜在的な影響を判断します
  • リアルタイムのライブレポート、遅延、ワークロードにより、潜在的なボトルネックを事前に特定します
  • ドラッグアンドドロップで優先度を設定するか、変更フックを使用してサブレベルから自動計算するマルチレベルの優先順位付けを使用します
  • ライブ・ダッシュボードと「LivePlan」により、プロジェクトのステータスや進捗状況を素早く把握し、チームメンバーが割り当てられたタスクを完了する際に、依存関係やリソースの過不足をリアルタイムで明らかにすることができます
  • シンプルで分かりやすい時間管理によって、タスクに費やした実際の時間を、タスクの終了時に記録します
  • 複数のプロジェクトに取り組み、組織全体のプロジェクト横断的な計画を検査し、レビューします

ビルドおよびリリース管理

継続的な納品と反復的な開発を計画し、一貫性、整合性、コンプライアンスを損なうことなく、製品を高い頻度でリリースします。

  • 完成品が詳細な製品リリース計画どおりの製品になるように、コード行に至るまでのトレーサビリティを実現します
  • 開発と運用 (DevOps) 間の全体的なコラボレーションとプロセスの自動化を改善します
  • Hudson、Ant、Maven、ElectricCloudなどの主要なツールとの統合を活用します
  • ビルドとリリースの完全な監査証跡により、問題を素早く追跡します
  • ビルドやテストの失敗に関する情報がメール通知されるため、コンパイルやエラー回復のプロセスを加速します
Polarionソフトウェアのスクリーンショット。
ユーザー事例

Vaillant Group

コラボレーションを一元化するプラットフォームの構築
Case Study

コラボレーションを一元化するプラットフォームの構築

会社:Vaillant Group

業界:エネルギー / ユーティリティ

開催場所:レムシャイト, Germany

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア:Polarion

Polarionの詳細情報

ブログを読む

ブログサイトからPolarionの最新ニュースとハイライトを入手できます。

お問い合わせ

シーメンスのPolarionやその他のすべての製品について、世界クラスのカスタマー・サポートを受けることができます。

トレーニングへのアクセス

Polarionおよびその他の製品のトレーニングを検索します。