Simcenter

Simcenter SCADAS Lab hardware

要件の難しい用途にも対応可能な最高性能の実験室データ収集機能であり、8チャネルから1,000を超えるチャネルまでの拡張性をサポートしています。

でこの製品を購入する方法を問い合わせる
国を変更

Front view of a LMS Scadas Lab device

Simcenter SCADASを選ぶ理由

高性能の実験室データ収集機能
Simcenter SCADAS Labは、チャネル数を問わないシグナル調整機能と抜群のスループット性能を備えているため、多チャネルのモーダル試験、旅客機の地上振動試験、音響試験、高速スループット試験、タービン試験などに最適です。また、モバイル性の高い実験環境により、システムを直接Simcenter SCADAS MobileやSimcenter SCADAS Recorderに接続して測定内容を追加できます。試験セットアップを新たに構築する必要はありません。

要求の厳しいラボ試験のための拡張可能なソリューション
光ファイバー・ケーブルを使用することで、追加のセカンダリ・フレームをSimcenter SCADAS Labに簡単に接続できます。このモジュール性の高さが振動騒音実験室での利用に向いており、1,000チャネルを上回るマルチフレームシステムの構成も可能です。個々のフレームをメイン/セカンダリ構成に組み立て、単一のエンティティとして実行できます。

高価なアイテムを安全にテスト
ハードウェアの緊急停止機能を使用することで、任意のSimcenter SCADAS Labシステムを振動制御に応用するように拡張できます。この構成には、スムーズなスタートおよびシャットダウン機能を備えた効率的な24ビットのDAC (Digital-to-Analog Converter) 出力が含まれます。また、高度な同期用のステータス出力を備えているため、ハードウェアの緊急停止および電源監視機能を使用して安全に制御が行えます。

Simcenter SCADASコミュニティ

Simcenter SCADASのユーザー・コミュニティに参加すれば、膨大な技術情報の中から疑問に対する答えを得られます。回答が見つからない場合は、フォーラムで質問してください。

Simcenter SCADAS Labの機能

要求の厳しい試験作業には、拡張可能でチャネル数に依存しないデータ収集機能と、信頼性の高い高速スループット性能を提供する、ラックベースの実験室データ収集ソリューションをご利用ください。多チャネルのモーダル調査、航空機の地上振動試験、高速スループット試験またはタービン試験など、幅広い用途に最適化されています。

実験室でSimcenterソフトウェアを使用している2人のエンジニア。

試験要件に従ってデータ収集ハードウェアを構成します。Simcenter SCADAS Mobileの幅広い入力モジュールは、アナログ信号とデジタル信号を組み合わせた、多種多様なトランスデューサーやシグナル・コンディショニング機能に対応したものであり、振動、力、ひずみ、変位、温度、音、ねじれ、圧力、CANバス、GPSなど、さまざまな物理タイプを網羅しています。

Simcenter SCADAS Recorder