Simcenter物理試験ソリューションを使用する運転者の画像。

Simcenter

物理試験

Simcenter物理試験を使用すれば、試験プロセスを改良し、生産性と製品のイノベーションを強化できます。シーメンスのソリューションは、マルチフィジックスのデータ収集ハードウェアと、データ管理、解析、モデリングのソフトウェアの包括的スイートを統合したもので、幅広い試験のニーズに応えます。

Simcenter物理試験

開発の早い段階で、より速くスマートに試験を実施

  • 正確なデジタルツインを提供することで、マルチフィジックス試験を活用して迅速に性能を検証
  • 初期段階での試験を行うことにより、試作前に、重要な洞察を早期に取得して設計代替案を検証
  • 計器セットアップから最終レポート作成までシームレスに試験を合理化して高速化
  • 試験を検証ワークフローに統合し、チーム間のコラボレーションを実現して、よりスマートな試験を実施
物理試験を行う数人の人の画像。

Simcenter物理試験製品をご紹介します

物理試験からデータを取得して処理するためのこれらのソリューションにより、試験プロセスを強化し、生産性と製品イノベーションを促進します。

Simcenter物理試験の機能

音響試験

最新の国際標準に準拠しながら、さまざまな産業用途やエンジニアリング・タスクに対応することで、シーメンスの音響試験ソリューションは、お客様のプロジェクト要件にお応えします。Simcenter Testlabに組み込まれた専門知識を活用して、強力な音響性能を備えた革新的な製品を設計することができます。

音響試験について詳細を見る
ウェビナーを見る

画面上のSimcenter音響試験ツールを見ている人のグループの画像。

データ収集システム

試験や測定には、数多くのハードウェアが必要です。ハードウェアをどこから入手する場合でも、堅牢、柔軟、正確で信頼性が高く、セットアップの容易なハードウェアが必要です。センサー、励振器、包括的なデータ収集/解析/レポート作成ソリューションなど、マルチフィジックス試験の要件に必要なエンドツーエンドのソリューションを提供するパートナーのハードウェアを選べば、購入、試験、保守のプロセスを効率化できます。

シーメンスが提供する幅広い小型加振器/音源、サードパーティのトランスデューサー/センサー、データ収集ハードウェア、音源探査ソリューションを利用すると、試験をこれまでよりも素早く効率的にセットアップして実行できるようになります。

データ収集システムについて詳細を見る

さまざまなデータ収集システム・ハードウェアの画像。

耐久性試験

エンドツーエンドの耐久性試験ソリューションを使用すれば、試験プロセス全体を効率化できます。Simcenterは、堅牢で信頼性の高いデータ収集ハードウェアと、包括的な処理機能および解析ソフトウェア機能を独自の方法で統合しています。シーメンスのソリューションは、チャンネル設定、測定、検証、統合、解析、レポート作成など、一般的な試験作業のすべての手順をカバーしています。

田舎道で全地形対応車を運転している人の画像。

材料試験

革新的な製品に使用する先端材料を正しく理解することは、迅速で俊敏な製品開発に不可欠です。当社の材料試験ソリューションは、新しく革新的な材料やコンポーネントに関する機械的および音響的な特性を正確に評価できます。これらの特性評価はシミュレーション・モデルに反映され、異なる材料間の比較や、既存製品の改善を可能にします。

材料試験について詳細を見る

ツールを使用して材料試験を行うエンジニアの画像。

モデルベース・システム試験

試験ツールとシミュレーション・ツールを統合することでシステムズ・エンジニアリングを加速させます。開発サイクル全体を通じて使用するツールとメソッドの一貫性を最大化します。試験とシミュレーションを単一の環境に統合して製品性能を検証することで、試験のコストとリスクを低減し、生産性を向上させ、システムに関するさらなる洞察を得ることができます。モデルベース・システム試験では、使用するツールや方法の一貫性を最大限確保し、非常にアジャイルなメカトロニクス・システム・エンジニアリング環境を提供できます。また、仮想モデル、仮想物理モデルの組み合わせ、物理試作を使用した属性固有の評価も可能です。

モデルベース・システム試験について詳細を見る

コンピューターでSimcenterシステム試験ソフトウェアを使用している男性の画像。

動作NVH試験

製品の音響特性を、実際の使用条件下で、最短時間で効率的に評価します。直感的でスケーラブルな騒音、振動、ハーシュネス (NVH) 試験ソリューションは、問題解決からマルチフィジックス試験キャンペーンまで、迅速で信頼性の高い測定の実施を支援します。スケーラブルな収集ハードウェアと最先端の処理と解析ソフトウェアを組み合わせることで、NVH評価をよりコスト効率の高いものにします。

運用NVH試験の詳細を読む

Simcenterツールを使って自動車でNVH試験を行うエンジニア。

安全性試験

安全性は、考案段階から設計、生産から品質保証、そして最終的には顧客の組立フロアや店頭まで、製品ライフサイクル全体にわたって重要です。シーメンスのISO 17025認定試験センターは独立機関として、ヘルメットから完全な拘束システムまで多岐にわたる安全コンポーネントとシステムの試験を手掛けています。開発試験とともに、製品が国際基準を満たしているかどうかを最終的に検証する独立したプロセスを提供します。

特定の安全コンポーネントの試験に加えて、車両全体の安全性の試験を提供します。30年以上の経験を持つシーメンスは、さまざまなパッシブ/アクティブセーフティシステムを開発、エンジニアリング、試験、検証するためのシミュレーション・ソフトウェアと補完的な知識およびツールを提供しています。シーメンスのフル装備の試験施設では、屋内外を問わず、あらゆる自動車関連試験を実施できます。

安全性試験について詳細を見る

安全性試験を受けている車両の画像。

品質試験

信頼できるロバストな試験を製造段階で実施します。Simcenter Anovisは、必要なセンサー、高精度の騒音/振動信号記録装置、スマート信号解析、柔軟な試験ベンチ制御ソフトウェアを組み合わせることで、正確な合否判定のほか、部品が仕様要件に適合し、機械が安全に動作することの正式な証明を発行します。

品質試験について詳細を見る

回転機械試験

シーメンスの回転機械試験ソリューションを利用すると、振動騒音解析エンジニアは、回転数、トルク、および制御戦略の音質、(ねじり) 振動、エネルギー効率への影響を取得して解析することで、回転機械の性能を最適化することができます。ラボや現場で、シーメンスの複数領域試験システムを使用することで、データの信頼性を高め、機械の挙動を短時間で的確に解析できます。

回転機械試験について詳細を見る
ウェビナーを見る

風洞で試験されているオートバイの画像。

衝撃・振動試験

ルーチン振動認定ツールと効果的な高速マルチ・チャンネル・クローズドループ加振制御システムをはじめ、並列データ収集と強力な解析機能を備えた衝撃・振動試験向けの包括的なソリューションです。

衝撃・振動試験について詳細を見る
ウェビナーを見る

試験センターで複数の画面を備えたコンピューターを使用したエンジニアリングの画像。

構造動力学試験

小規模構造に対する衝撃試験、数百の測定チャンネルを使用する大規模試験、あるいは実験データによる3D有限要素モデルの検証の際に、最先端のエンジニアリング専門知識の伝統を利用して、試験の効率を最大化します。負荷がかかった状態でのコンポーネントや製品アセンブリの応答を、デジタル画像相関 (DIC) 技術で把握できます。たった2台のカメラを用いるだけで、あらゆる負荷の下での変位、ひずみ、加速度をフルフィールドの3Dで一度に全体を計測することで開発サイクルを高速化します。

構造動力学試験について詳細を見る
ウェビナーを見る

コンポーネントの構造動力学試験を実行しているエンジニアの画像。

熱試験

コンポーネント/システムのサプライヤーは、この熱特性評価用ハードウェア製品ファミリーを使用して、半導体ICパッケージ、LED単体、LEDアレイ、積層ダイ/マルチダイ・パッケージ、パワーエレクトロニクス・モジュール、サーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) の熱特性だけでなく、電子機器システム全体の熱特性も正確かつ効率的に試験、測定、評価することができます。

当社のハードウェア・ソリューションは、パッケージ化された半導体デバイスの実際の加熱または冷却の曲線を、いくつかの個別の試験結果から人工的に構成するのではなく、継続的かつリアルタイムで直接測定します。この方法による熱過渡応答測定ははるかに効率的かつ正確であり、定常法よりも正確な熱に関する測定基準が得られます。測定は、定常法のように平均を取って繰り返す必要はなく、サンプルごとに1回実行するだけで済みます。

熱試験について詳細を見る
ウェビナーを見る

Simcenter Micred Powertesterハードウェアの画像。

伝達経路解析

さまざまな振動源とその経路を定量化して、どれが重要か、どれが互いに打ち消し合うかを判定します。伝達経路解析 (TPA) を実行して、励起源から特定の受信機位置までの固体伝搬および空中伝搬のエネルギー伝達経路を特定や評価できます。TPAは、さまざまな振動源とその経路を定量化して、重要な要素、騒音の問題への寄与が最も大きい要素、互いに打ち消し合う要素を判定します。定量化されモデル化された振動源と経路があれば、システムの騒音・振動・ハーシュネス (NVH) 性能を比較的簡単に最適化できます。

伝達経路解析について詳細を見る
ウェビナーを見る

伝達経路解析 (TPA) を実行するSimcenter Testlabソフトウェアの画像。

スケーラブルな試験データの管理と解析

試験部門で生成されるデータの量は膨大です。試験データ結果の変換、可視化、解析は、時間のかかる作業であり、アプリケーションに特化した知識が必要になります。Simcenter Testlabアプリケーションは、データ取得、解析、レポート生成を合理化する完璧なツールです。

スケーラブルな試験データ管理と解析について詳細を見る

コンピューター画面を見ている男性と女性の画像。