宇宙空間に浮かぶ宇宙船。

Simcenter

音響環境試験

ハードウェアを安全に試験・検証して打ち上げの成功を保証

宇宙船の音響試験を行う理由

打ち上げ前には、脆弱な宇宙船が打ち上げ時や打ち上げ中にフェアリング下の激しい広帯域のランダムな音響負荷に耐えられるかを理解するために、宇宙船の音響試験が必要になります。シーメンスの宇宙船音響試験ソリューションは、残響室や直接音場環境で動作します。その革新的なクローズドループ制御ソリューションは音圧レベルの空間的均一性を提供し、全体の音圧レベル応答を制御します。

貴重な貨物に対し最高レベルのセキュリティを確保するために、複数のセキュリティ・レイヤーが統合されており、被検体の振動やひずみ応答レベルの保護を含め、個々のマイク、全体の音圧レベル、構造的応答において、過剰試験を防止します。トレーサビリティとレポート作成を目的とした、すべてのチャネルのスループット記録と広範なデータ文書化機能が含まれています。

シーメンスの試験ソリューションは、NASA、欧州宇宙機関 (ESA)、および国際的な宇宙船試験規格に完全に対応し、オクターブ・フィルタリング取得プロセスにおいて米国国家規格協会 (ANSI) に準拠しています。

宇宙船の音響試験

残響室や直接音場環境での操作に適したクローズドループ制御ソリューションについて説明しています。

音響環境試験の機能

DFAN試験は、コストの削減とスケジュールの短縮という固有の利点により、従来の残響音響試験の代替として広く実施されています。DFAN試験用の革新的な複数入力・複数出力ランダム制御は、狭帯域クローズドループ制御ソリューションを提供し、非常に高い出力と並外れた音場均一性を備えたあらゆる環境においてスピーカーで音響発射条件を再現します。革新的な事前試験解析により、ユーザーは最適な狭帯域制御パラメータを定義し、安全で時間とエネルギー面において効率の高いワークフローを確保できます。

Simcenter直接音場音響騒音 (DFAN) 試験のセットアップ。

サービスとしてのDFAN試験は、企業がDFANの主な課題である試験のセットアップや構成におけるばらつき (スピーカーの数、構成、制御マイクの数など) を克服するのに役立ちます。試験とシミュレーションの両方を統合することで、シーメンスのサービスチームは、ハードウェアのセットアップ、クローズドループ制御、データ収集と解析など、DFAN試験のすべての側面を提供、管理します。さらに、シーメンスがこれらの試験をサービスとして提供することで、航空宇宙企業は貴重なエンジニアリング時間を確保できます。

Simcenter直接音場音響騒音 (DFAN) 試験のセットアップ。

シーメンスのクローズドループ音響制御ソリューションは、残響室の音圧レベルと形状を完全に制御するように設計されています。標準マイクを使用したセットアップ中に測定可能なパラメータに基づいて、堅牢な比例積分制御アルゴリズムを実装し、厳しい公差内で1/3またはフル・オクターブ・バンドの音圧レベルの空間的均一性を保証します。航空宇宙産業で用いられる最も厳しい安全性と耐久性の要件を満たし、宇宙船を最大限に保護します。

PROBA V STM LのSimcenter音響制御を使用して残響室音響試験の準備をしているエンジニア。
ユーザー事例

Thales Alenia Space

ヨーロッパの大手宇宙衛星/ペイロード・メーカーは、シーメンスと提携して、人工衛星を試験するための新しい方法を模索しています。

Thales Alenia Space partners with Siemens to explore new tools and methods for acoustic testing in the space industry
Case Study

Thales Alenia Space partners with Siemens to explore new tools and methods for acoustic testing in the space industry

会社:Thales Alenia Space

業界:航空宇宙 / 防衛

開催場所:Toulouse, France

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア:Simcenter 3D Solutions, Simcenter Testing Solutions

詳細情報

関連情報