Teamcenter

持続可能な製品開発

包括的なグリーン・デジタルツインを活用して持続可能な設計、調達、製造を実現

地球に優しく、規制に準拠した製品を開発

持続可能な製品開発により、製品ライフサイクルのあらゆる段階で環境データと製品データを統合します。

ライフサイクルの早い段階で材料と物質を管理

製品の材料構成を物質レベルまで管理・追跡します。それにより、製品に使用する有害物質を抑え、各種規制 (REACH、RoHS、紛争鉱物規制など) の違反リスクを軽減することができます。持続可能性の目標にしたがうと同時に、地球に優しい革新的な製品を開発することで、ビジネスを成長させ、顧客ロイヤルティを高めることができます。

材料と物質の管理方法を表したイラスト。

製品のカーボン・フットプリントを計算

製品ライフサイクル全体を通じて製品コストと二酸化炭素排出量を解析することで、環境に優しい設計戦略における競争力を高めることができます。カーボン・フットプリントを定量化するための要求事項を定めたISO 14067やGHGプロトコルにしたがって、原材料採取から製品出荷にいたるまで (Cradle-to-Gate) に製品が生成する温室効果ガス (GHG) 排出量を計算します。製品コストとCO2e排出量 (CO2換算の排出量) のトレードオフ解析に基づいて最適化に取り組みます。

カーボン・フットプリントを示したグラフのイラスト。

サプライヤー証明の取得と検証

サプライヤー証明データを取得して検証することで、コンプライアンスを遵守することができます。Teamcenterは、IPC-175xやCMRTなどの業界標準をサポートしており、International Material Data System (IMDS) やBOMcheckといったサプライヤーの材料データ・ポータルとも統合されています。コンプライアンスの遵守に不可欠な正確なサプライチェーン・データを同期および交換して、製品を総合的に把握することができます。

カメラと、その横にチェックリストが表示されたイラスト。

製品コンプライアンスの格付けとレポート機能でリスクを軽減

製品に含まれる環境負荷物質 (SOC: Substances of Concern) を特定、追跡、報告することで、罰金や取引制限、ブランドの信頼失墜のリスクを最小化します。REACH、RoHS、紛争鉱物規制など、世界中の環境規制や社会的規制にしたがって製品を格付けし、レポートを作成できます。また、独自の仕様を作成することで、将来的な規制にも早めに対処できるようになります。製品のコンプライアンス状況を常に明確に把握することができます。

レポートのイラスト
ユーザー事例

ANDRITZ HYDRO

Global PLM implementation boosts sustainability of hydroelectric power plant designer
Case Study

Global PLM implementation boosts sustainability of hydroelectric power plant designer

会社:ANDRITZ HYDRO

業界:エネルギー / ユーティリティ

開催場所:Linz, Weiz, Vienna, Austria

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア:Teamcenter

詳細情報