1. Home

T4EA

エンタープライズ・アプリケーション向けTeamcenter Gateway

MES、ERP、CRMシステムなど、ほぼすべてのエンタープライズ・アプリケーションをTeamcenterソフトウェアとシームレスに統合します。

信頼性が高く、柔軟で効率的な双方向統合にアクセス

製品開発プロセスを、さまざまなシステム (エンタープライズ・リソース・プランニング (ERP)、製造実行システム (MES)、顧客関係管理 (CRM) など) のデータと同期させます。エンタープライズ・アプリケーション向けTeamcenter Gateway (T4EA) を使用すると、必要な場所で適切なデータを適切なタイミングで利用できるようになります。

Teamcenterを中心にITのランドスケープを設計

信頼性の高い、実証済みのSAP Business Suite向けTeamcenter GatewayやOracle E-Business Suite向けTeamcenter Gatewayを活用します。さまざまな方法で情報を構成して共有できる柔軟な機能にアクセスできます。

最もよく使用されている各種インターフェースに適用

最も広く使用されているインターフェース (Application Programming Interface (API)、Web service/Simple Object Access Protocol (SOAP)、Extensible Markup Language (XML)、Java Database Connectivity (JDBC)/Open Database Connectivity (ODBC) コネクター、フラット・ファイルなどの構造化ファイル) と接続します。

機能強化による利点

Teamcenterと幅広いエンタープライズ・アプリケーション間のデータ/プロセス統合を円滑に促進します。

双方向の交換

ビジネス・ロジック主導のContent Federationの利点を活用して、双方向の情報共有と交換を実現します。

堅牢な接続エンジン

1つの共通フレームワークを使用して、複数のアプリケーションをTeamcenterと統合します。

アダプティブ・ガバナンス

柔軟な非依存の統合により、機能を構成、アップグレード、拡張します。

直感的な検索

Teamcenter環境から、他のアプリケーションに保存されているオブジェクトを簡単に検索できます。保存場所がどこであっても、関連情報を迅速かつ簡単に検索できます。

変更プロセス 

変更プロセスを実行し、追加のビジネスルールを定義してプロセスフローを推進します。

最新リリースをサポート

全社的に一貫性のあるデータを取得し、プロセスを最適化します。 統合ソフトウェアの機能ではなく、ビジネスニーズに合わせて統合の仕組みを決められます。

ローコード・インターフェースでデータを合理化

コードレスのインターフェース構成により、複雑なカスタマイズの必要性を排除します。 Teamcenter APIを抽象化することで、実装者はビジネス転送のユースケースのみに集中できます。

このシステム間統合テクノロジーにより、ビジネス・プロセスの自動化と合理化が可能になり、特定の業界、顧客、グループ、役割、プロジェクト、プログラム、プロセスに合わせて柔軟かつ容易に調整できるようになります。

Active Integrationに関する知識を深める

カスタマー・サポートに問い合わせる

シーメンスは、すべてのActive Integration製品において世界クラスのカスタマー・サポートを提供しています。

トレーニングを受ける

Siemens Xcelerator Academyは、Active Integrationソリューションに関して、オンデマンド・トレーニングやインストラクター主導のトレーニングなど、いくつものオプションを提供しています。

ブログを読む

TeamcenterやPLM市場全般についての新たな視点が得られます。