オフィスで机に向かってコンピューターのモニターを見ている男性。

Teamcenter Product Cost Management Gateway

SAP S/4HANA、エンタープライズ・アプリケーション、Teamcenter用のゲートウェイ

コストとカーボン・フットプリントの計算プロセスをサードパーティ・システムのデータと同期します。

社内のナレッジを効率的に再利用して、コスト計算プロセスをスピードアップ

製品コスト管理用のTeamcenterソフトウェアを使用して、製品ライフサイクルの早い段階で新製品のコストや見積もりとカーボン・フットプリントの計算を管理できます。この全社的なプラットフォームは、お客様による拡張が可能で、カスタム・ユースケースやサードパーティ・システムとの統合に対応しながらも、データの整合性とセキュリティを確保します。

競争の激しい市場では、製品のコストとカーボン・フットプリントを正しく把握し、予測することは大きな利点となります。コストとカーボン・フットプリントの見積もりの質の高さは、データの品質によって大きく左右されます。ほとんどの場合、データの品質と、データから導かれる見積もりの質は比例します。データセットが完全で適切に構造化されていれば、コスト見積もり担当者は大幅に仕事しやすくなります。

提供している統合オプション

Gateway for SAP S/4HANA

エンタープライズ・リソース・プランニング (ERP) システムから、標準部品、材料費、ワークセンター、カーボン・フットプリント・データ、製品定義 (部品表とルートデータ) などの既存のデータを再利用します。

SAP ERPで利用可能な関連コスト情報は、Teamcenter Product Cost Managementの計算およびマスターデータに簡単に変換できます。SAP ERPデータを柔軟に再利用できるため、見積もりの処理能力が向上し、最新の材料価格とコストセンターの関税を活用することで、正確なコスト計算が保証されます。

Gateway for Enterprise Applications

ほぼすべてのエンタープライズ・アプリケーションをTeamcenter Product Cost Managementとシームレスに統合します。このゲートウェイによって、コスト計算プロセスをERPシステム (SAP以外) のデータと同期して、製造構造などの社内のナレッジを再利用することができ、見積プロセスがスピードアップします。ERPシステムとのインテリジェントな同期により、Teamcenter Product Cost Managementのマスターデータを常に最新の状態に保ち、生産開始前に正確なコスト計算を行えます。

製品ライフサイクル (PLM) システム (Teamcenter以外) へのゲートウェイによって、PLMシステムの開発プロセスと並行した製品のコスト計算が可能になり、コストに関する最新情報をエンジニアリングに提供できます。

Gateway for Teamcenter

製品構造 (製造部品表 [MBOM]、設計部品表 [EBOM]) などの関連データをTeamcenter Manufacturing Process Planningから検索してインポートできます。Teamcenterの開発プロセスと並行した製品のコスト計算を可能にして、コストに関する最新情報をエンジニアリングに提供します。

Active Integrationに関する知識を深める

カスタマー・サポートに問い合わせる

シーメンスは、すべてのActive Integration製品において世界クラスのカスタマー・サポートを提供しています。

トレーニングを受ける

Siemens Xcelerator Academyは、Active Integrationソリューションに関して、オンデマンド・トレーニングやインストラクター主導のトレーニングなど、いくつものオプションを提供しています。

ブログを読む

TeamcenterやPLM市場全般についての新たな視点が得られます。