D-Cubedコンポーネント

D-Cubed CDM

CAD、CAM、CAEアプリケーションへの統合用に設計されたD-Cubed Collision Detection Manager (CDM) を使用して、3Dモデリング環境で衝突を解析し、クリアランスを測定します。

コンピューター支援製造ソフトウェアの衝突検出マネージャーを使用して工作機械の衝突を排除するエンジニア。

D-Cubed Collision Detection Managerが選ばれる理由

アセンブリの製造を妨げたり、部品の意図した動きを妨げたりする衝突を解決します。D-Cubed Collision Detection Manager (CDM) は、3Dモデルの空間干渉を解析するためのアプリケーションに統合されています。このようなエラーを確実に検出することで、必要となる高価な物理プロトタイプの数を減らすことができます。

CDMは、統合のためのソフトウェア・コンポーネントとしてソフトウェア・ベンダーによって提供され、アセンブリ・モデリングやコンピューター支援製造など、幅広い3Dモデリング・アプリケーションにメリットをもたらします。

内容

正確な衝突検出

イグザクト・モデルに対して迅速な衝突チェックを実行し、インタラクティブなアセンブリ・プロセスとモーション・シミュレーションをサポートします。イグザクト・モデルで衝突を検出することは、精密エンジニアリングにメリットをもたらします。微細な食い込みが確実に検出され、モデルの近似値から生ずるエラーに起因する衝突は回避されます。ファセット・モデルは、精度がそれほど重要ではない所でもサポートされます。

さらに解析を進めると、衝突の深さが明らかになり、衝突を修正するための再配置情報が提供されます。アプリケーションでは、2つの部品間のクリアランスを決定したり、特定のパスに沿った衝突を予測したりすることもできます。

高性能

イグザクト・モデルとファセット・モデルの任意の組み合わせでインタラクティブな衝突検出性能を実現します。性能の最適化には、動的シーンでのインクリメンタル計算や、需要主導の部品の読み込みとインスタンス化による効率的なメモリ使用が含まれます。

モデルタイプの幅広い選択肢

イグザクト、ファセット、ソリッド、サーフェス、ワイヤーフレーム、マニホールド、非多様体のジオメトリ形式の任意の組み合わせで衝突解析を実行します。柔軟な統合アーキテクチャにより、同じアプリケーションで複数のモデル形式をサポートします。CDMは、フェース間のギャップなどのエラーを含むモデルに寛容です。

PLM Componentsの最新情報をお見逃しなく

ブログを読む

PLM ComponentsやPLM市場全般についての新たな見解が得られます。