Simcenter熱シミュレーション機能を確認している数人の人々の画像。

Simcenter

熱解析とシミュレーション

包括的な熱シミュレーション機能を使用して、熱特性を理解し、熱管理ソリューションをカスタマイズできます。

最適な熱性能を維持

熱の管理は、産業機械、自動車、家庭用電化製品などの幅広い製品における主要な検討事項です。いずれの熱管理ソリューションも、その目的は、製品の温度を性能に最適な温度範囲内に維持することです。これを達成するには、受動的または能動的に管理された方法で熱を取り除くまたは加える必要がある場合があり、それらは熱シミュレーション・ソフトウェアを使用して評価することができます。

Simcenterには、業界トップクラスの包括的な熱シミュレーション機能が搭載されています。これらの機能は、製品の熱特性を理解し、性能が最適になるように熱管理ソリューションを調整する支援をします。

過酷な動作条件下での重機の過熱

このウェビナーでは、過酷な動作条件、反復的な作業、長時間の作業の下での過熱から重機を保護する方法を解説しています。

ユーザー事例

asa hydraulik

asa hydraulik社が、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのソリューションを使用して、電気アプリケーション向けの先端冷却製品を開発しました。

Industrial and automotive supplier uses Simcenter 3D to verify and optimize thermal system designs
Case Study

産業および自動車サプライヤー、Simcenter 3Dを使用して熱システム設計を検証、最適化

会社:asa hydraulik

業界:自動車 / 輸送機器, 産業機械

開催場所:Vienna, Austria

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア:Simcenter 3D Solutions, Solid Edge

熱シミュレーションの機能

伝導伝熱

熱伝導は、固体内部の高温部分から低温部分へ熱が移動するときに起こります。この現象は自然に発生し、熱平衡状態になるまで続きます。日常生活で見られる伝導の典型例としては、沸騰したお湯が入ったポットの取っ手が熱くなることや、熱いお湯が銅管を通過するときに銅管の外壁の温度が上昇すること、またアイスクリームを食べると自然と寒く感じられることなどがあります。

伝導の挙動を理解することで、より安全で信頼できる高性能な製品を設計することができます。Simcenterでは、ロバストな伝導熱伝達解析機能を手軽に使用できます。

Simcenterソフトウェアの熱伝導熱伝達の画像。

対流熱伝導

対流は、幅広い用途、プロセス、および自然現象に見られる主要な熱伝達の経路です。多くの製品は、ロバストな熱管理対策を講じて、最適なパフォーマンスおよび耐久性を達成しています。こうした製品で、コンポーネントの戦略的な配置や、ほかの作動流体の使用によって対流熱伝達を最適化することは複雑な課題です。Simcenterは、製品設計の対流に対処するロバストな機能を備えています。

対流熱伝達を最適化するSimcenterソフトウェアの画像。

放射熱伝導

放射伝熱は、物体が高い温度によって電磁エネルギーを放射するときに発生します。通常、波動スペクトルの赤外領域にあるこのエネルギーは、熱放射としても知られています。

Simcenterには、高度な放射解析や放射加熱モデルなど、放射伝熱に関連する最も複雑な問題を解決する機能が用意されています。決定論的光線追跡とモンテカルロ光線追跡や、ノングレー・マルチバンド放射伝熱などの高度な放射法を利用できます。

Simcenterソフトウェアの自動車ヘッドライトの画像。

宇宙システムの熱解析

Simcenterは、設計やエンジニアリングのプロセスに統合された軌道熱解析を実行するための包括的なツールセットを提供します。これにより、単一のパスで熱分析を実行する自動化されたソリューションで効率を最大化できます。

Simcenterは、設計プロセスの早い段階でエンジニアリングの課題を解決するのに役立ち、宇宙車両、軌道車両、惑星間車両の熱物理情報を予測および理解するために役立つツールです。

Simcenterソフトウェアの地球の画像。
オンデマンド・ウェビナー | 56分

熱シミュレーション

燃焼器の設計を改善してタービンブレードの冷却を効率化し、高温部の性能を改善

タービンの熱シミュレーション

詳細情報